青汁で健康な体を維持【効能が幅広い大麦若葉の魅力】

男性

栄養素を効率的に摂取

美容と健康に役立つ食品として幅広い世代に支持されているのが、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できる青汁です。工夫次第ではデザート感覚で楽しむことも可能で、スーパーマーケットやドラッグストアの店頭の他に通信販売でも手軽に購入できます。

詳しく見る

健康を維持する習慣

青汁

緑葉野菜が健康を作ります

最近は健康に良いということで、多くの企業から緑葉野菜を絞った青汁が販売されていますが、青汁の原料はそれほど多いわけではなく、代表的な原料が「大麦若葉」です。なお、大麦若葉とはいっても大麦若葉という野菜があるわけではなく、イネ科の大麦や小麦、ライ麦の幼穂期の葉を30センチほど刈り取ったものを指します。大麦若葉の効能は幅広くなっており、主に高血圧の抑制やコレステロールの低減、ガンの予防などが挙げられます。効能が幅広いのは栄養素が豊富に含まれているからであり、特に多いのはタンパク質です。そして、ビタミンAやC、ミネラルといった基礎的な栄養素から、食物繊維、アミノ酸の仲間であるロイシンやイソロイシン、葉緑素、さらにはSOD酵素などが含まれています。それぞれの栄養素の効果としては以下などがあります。タンパク質は人間の体の基であり、人間の臓器や筋肉、血液はタンパク質でできています。そして、ビタミンAやCは抗酸化作用があり、カリウムなどのミネラルは塩分の取り過ぎによる高血圧の症状を改善します。また、食物繊維は腸にある老廃物を排出し、便秘などを解消する働きをします。アミノ酸のロイシンやイソロイシンは成長ホルモンの分泌を促します。最後に、SOD酵素は体内で発生する活性酸素を分解することで、ガンの予防に効果を発揮します。大麦若葉の青汁は青汁の中でも味にクセが無くて飲みやすいのが特徴ですが、毎日同じ飲み方では飽きるため、牛乳やヨーグルトなどに混ぜて飲むのが、継続させる秘訣です。

青汁

苦みが少なく飲みやすい

青汁は独特のクセがあり飲みにくいというイメージもありますが、大麦若葉が材料となったものは苦みや臭みも少なく飲みやすいとされています。栄養価も豊富で不足しがちなビタミンやミネラルが手軽に補えるのもメリットです。

詳しく見る

青汁

必ず把握しておきたいこと

青汁を飲んで健康な生活を送りたいのであれば、過剰ではなく適度な量にすることが大事です。栄養成分が豊富だったとしても、過剰に摂取することは意味がないためです。また、適度な量にすることで青汁を購入する費用を抑えられます。

詳しく見る

青汁

飲むタイミングを選べる

大麦若葉の青汁は飲むタイミングで期待できる効果が変わります。コレステロール値対策なら食前に補うのがおすすめです。便秘解消なら夜寝る前が、栄養補給として青汁を活用したいなら、朝起きたときに補うようにしましょう。

詳しく見る

女性

人気の粉末タイプ

青汁の中でも粉末タイプはアレンジしやすいことで人気です。通常、粉末タイプは水に溶かして飲みますが、牛乳や豆乳を使えばタンパク質も一緒に補えます。また、ヨーグルトやアイスにかけて食べるのもおすすめです。

詳しく見る